世にも奇妙な物語のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームセンターの奇跡

カテゴリ:ブラック系
メインキャスト:谷啓
脚本・原作:

ストーリー
ゲームセンターで遊んでいた少年・純。
店長(谷啓)からピンボール台で10万点を達成した者は奇跡を起こすとを聞かされた純。だが挑戦しようとすると、母親に「塾はどうしたの!」と連れ戻されてしまう。

翌日、またゲームセンターにやって来た純。塾に行きたくないとぼやく純に、店長は「今こそ君には奇跡が必要なんだ」と、ピンボール台をプレイする様に勧める。
プレイ中「時には気晴らしが必要だ。私も息子の嫁が辛くあたるからここに居るんだ」と愚痴をこぼす老人。

その時、最高得点の10万点をたたき出した純。
心と体が入れ替わる主人公と老人。すぐに元に戻して欲しいという純に、老人は「面白いからこのまま外に出てみよう」と提案。六時にゲームセンターに戻る様に言う。

老人の姿の純はイジメっ子を殴ったり、女子高生のスカートをめくったり、買い物中の母親に悪戯をする。

すっかり楽しんだ後ゲームセンターに戻り、元の姿に戻った純だが、何故かシャツに赤い染みがついている事に気付いてしまう。「お爺ちゃん鼻血でも出したかなぁ」

帰宅すると、テレビで主婦が刺し殺されたニュースが報道されていた。殺されたのはゲーセンの老人が話していた、彼の息子の嫁だった。驚くべき事に、逃走中の殺人犯の特徴は、純そっくりだった。

「大変だ!」
慌ててゲームセンターに戻るが、老人の姿はどこにもなかった。純は店番をしていた若い店員と入れ替わろうと考えるが、ピンボール台は処分された後だった。
そこにパトカーのサイレンの音が近付いて来て…。

スポンサーサイト

生き蟹

カテゴリ:ブラック系 
メインキャスト:岡田奈々/斉木しげる
脚本・原作:関澄一輝

ストーリー

夕食のために生きた蟹を購入する二人の主婦。

ゆかり(岡田奈々)の家庭では、「生きているのにかわいそうだ」と息子が泣きながら抗議する。
ゆかりはその言い分をもっともだと思い、次の日、海に返しに行こうと約束して食べるのをやめる。

ゆかりと共に蟹を買ったもう一方の家では、美味しく蟹を調理して食べていた。

その夜、蟹を食べた夫婦の元に泥棒が入り、二人は犯人に蟹のハサミで刺し殺される。

一方、ゆかりの家ではボヤが起こるが、蟹達が吹き出した大量の泡によって消火され、大事には至らなかった。

海。砂浜に放たれる蟹達。
見送るゆかり一家。

屋上風景

カテゴリ:ブラック系 
メインキャスト:鶴見辰吾/川崎敬三
脚本・原作:阿刀田高「屋上風景」

ストーリー

就職活動している西原(鶴見辰吾)。
ゼミの先輩である高野の居る会社を訪問した時、地下の社員食堂で待つように言われてエレベーターに乗り込んだ。
すると地下に行くはずのエレベーターは何故か屋上についてしまう。

屋上へ出てみると、一人の男性が近づいてきた。
彼はその会社の社員だと言い、入社するのはやめた方がいいと伝える。また、
「屋上から飛び降りる自殺者は、飛び降りた瞬間にコンクリートの上に落ちるよりも、あの植え込みの方に落ちないかな?と考えるんだよ」
と奇妙なことを言う。

その後、その社員にうなぎ屋でご馳走してもらい、散々会社の悪口を聞かされた後、会社に戻って高野との面談を終える。

帰ろうと思いエレベーターで一階まで降りようとすると、不思議なことにまた屋上に停まってしまった。

何を奉っているのか、社が二つある。
その傍らに居る警備員。
彼もその会社の元社員だということで、西原はさっき屋上にいた社員と名乗る男のことを聞いてみた。
すると、そのうなぎ屋でご馳走してくれた男性は元社員で、何年か前にこの屋上から飛び降り自殺をしたということだった…。

「彼が落ちたのは芝生でしたか?」と尋ねる西原。
「コンクリートだったよ」
と答える警備員。
「彼は痛かっただろうなあ……私は途中で体をひねったから芝生だったけど」

振り返ると警備員の姿はなかった。

「……この会社はやめておこう」

超・能・力!

カテゴリ:ブラック系
メインキャスト:仲谷昇/佐野史郎
脚本・原作:吉沢景介「予知能力」

ストーリー

手も触れずにボルトを動かしたという有名な超能力者を、糸を使ったトリックだと暴いた超能力否定派の学者・岩瀬教授(仲谷昇)。

ある日「うちの息子はカードを透視できる」という親子連れが岩瀬の前に現れた。「○」「□」「☆」などが描かれたカードのマークを、息子に透視で当てさせるという実験を行っていた。
「じゃあこれは?」
「しかく」
「次は、これ」
「まる」
次々とマークを当てていく息子だったが、カードを持っている母親の問いかけ方が引っ掛かった岩瀬は、「次は何も言わない様にして下さい」と言う。
一瞬動揺する母親だったが、すぐに笑顔を取り戻し実験を再開する。母親が黙った後もカードのマークを当てていく息子。思わず「本物だよ」と呟く者も居たが、母親のまばたきと唇の動かし方でサインを送っていた事を、岩瀬が見破ってしまう。
激怒した母親は捨て台詞を残して去って行く。
「…疲れたよ。後はよろしく頼む」
岩瀬は自室に戻る。
席に着いた瞬間、誰かに首を絞められる岩瀬。
彼はハッと目を覚ます。「夢か…」

と、そこへ、自分は予知能力者だという男・加山(佐野史郎)が現れた。次の日に起こる事を、前の日の晩に夢で見るというのだ。
それは妄想だと言う岩瀬に、
「実は今日来たのは、僕が人を殺した夢を見たからなんです」
と不気味に笑みを浮かべる加山。「この部屋で僕が先生の首を絞めて殺している夢です」

岩瀬は君は妄想に操られているんだと言い、カードを使った実験を始める。加山の言う事が正しければ、カードの絵柄を全て知っているはずだからだ。
しかし、簡単に当ててしまう加山。
「まさか…偶然だ!予知能力なんてあるはずが無い!」
気が付くと加山がすぐ後ろに立っていた。
「じゃあこのカードはどうだ!」
岩瀬は慌てて別のカードを出す。
「分かりません」
「ほら見ろ!やっぱりトリックだったんだ!」
「いいえ…先生は夢の中でこのカードをめくる事が出来なかったんです」
岩瀬の首を絞める加山…。

そこで目を覚ます岩瀬。
今のは夢だった…。
「………予知夢か…そんなバカな」
ホッとする岩瀬。
そこにやって来る秘書。
「先生、ご面会の方が」
薄笑いを浮かべながら現れたのは、加山だった…。

禁じられた遊び

カテゴリ:ブラック系 
メインキャスト:石野真子/石丸謙二郎
脚本・原作:関澄一輝

ストーリー

川原へに行く一家。向う途中、車から土葬の光景を目にし、正夫(石丸謙二郎)は息子達に“命の循環を”教える。
「命は廻るの?」
「だからと言って、命を無駄にしたらいけないぞ。」

バーベキューの支度をする間、息子達は森へ遊びに行く。アリや蝶を踏み付けながら歩く兄と、ついてくる妹。
妹「やめようよ、かわいそう」
兄「こいつら生まれ変わって、もっといいものになれるんだ」

”お墓作りゴッコ”をしながら歩いていく。ちょうどその時、狩猟に来ていた2人の男、その1人が相方を誤射してしまう。
男「ああーー!先輩ー!」

慌てて駆け寄るも、血を流していた。
その場に出くわす兄妹。
妹「死んだの…」
男「見たのか?見ていたのか?」
兄は男が置いていた銃を手にしてしまう。銃口を男に向けた。
男「やめなさい!ほら、こっちへ渡すんだ!」
兄「人間は死んだら何になるのかな?」
妹「神様じゃない?」
兄「そっか!」
男「や、やめろー!!」

バーン!!


帰りの車内、母・良子(石野眞子)が子供達に聞く。

良子「何して遊んでたの?」
兄「お墓作りゴッコ。」
母「いやねぇ(笑)。」
兄「最後の2つはきつかったぁ~。」

後部座席の子らは、疲れて眠ってしまった。
良子は運転する正夫にこう言う。

良子「月並みだけど言っていい?」
正夫「ん?」
良子「子供達の寝顔、まるで天使みたい…」

最新記事
カテゴリ
おすすめ情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
相互リンク
幸せリンク

track feed
世にも奇妙な物語まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。