世にも奇妙な物語のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親切すぎる家族

カテゴリ:感動系
メインキャスト:古尾谷雅人
脚本・原作:浦沢義雄

ストーリー
家庭を省みず、ひたすら詐欺まがいのセールスを続ける佐川(古尾谷雅人)は、うだるような暑さの中、新規開拓のために田舎の農家を回っている。
やがて気分が悪くなって倒れた佐川は、ボケた老婦人に介抱され、彼女の家に招かれる。

何故かその老婦人は佐川のことを「息子」として、長女や孫娘に紹介する。やがてその家にいた彼女らからも「夫」「父」と呼ばれる様になり、まるで家族の様な扱いを受ける。

一度はその家を辞する佐川だったが、日が高いにも関わらず最終バスを捕まえ損ねる。途方に暮れているところを長女に見つかり、再び家に誘われる。

人違いと指摘しかねる佐川。風呂から出ると糊の効いた浴衣を出され、夕刻の川原で孫娘と散策を楽しむ。
長女の手料理に舌鼓を打ち「一家団欒」を楽しむ内に、佐川は自然とその家族と馴染んでしまう。

就寝時刻になり、布団に寝転ぶ佐川。十分に干されたふかふかの寝床。
「あぁ、日なたのにおいがする……」
深い深い眠りに就く彼。
「久しぶりに休んで家族と……」

場面変わって昼日中のバス停。
通りがかりの村人がベンチに座り込んで寝ている男に気付き、声をかける。
村人が肩を揺さぶるとそのまま倒れこむ男……佐川は、死んでいた。
あの一家団欒は、彼が最後に見た夢だったのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

最新記事
カテゴリ
おすすめ情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
相互リンク
幸せリンク

track feed
世にも奇妙な物語まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。