世にも奇妙な物語のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿の手様

カテゴリ:ブラック系
メインキャスト:布施博/清水ミチコ
脚本・原作:土屋斗紀雄

ストーリー
倒産寸前の町工場の社長・富男(布施博)。
社運を賭けたアイデア商品「全自動孫の手」(ヘルメットの後ろに電動式の孫の手がついてる)も全く売れず、切羽詰った富男は、代々家に伝わる猿の手のミイラ「猿の手様」に願をかける。

これの恐ろしいところは、願いを3つ叶えてくれる代わりに相応の見返りが来ること。すでに大学受験、会社設立のときに願をかけている富男は、そのたびに骨折したり事故に遭ったりしている。

ヤケで3つ目の願いをかけた翌日から、全自動孫の手は大ヒット。海外からも注文が来て工場はフル稼働。しかも願ってない幸運(親戚のじいさんが結婚したり)まで舞い込み、富男は見返りの大きさを思ってノイローゼ状態。
川べりをふらふら歩いてたところ、子どもの乗る三輪車にはねられ土手を転がり落ち全身複雑骨折する。

「…これぐらいで済んでよかった」
と病院のベッドで高笑いする富男。
一方その頃、
別室では医師が富男の妻(清水ミチコ)に、彼が末期ガンに侵されていることを宣告していた……。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

最新記事
カテゴリ
おすすめ情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
相互リンク
幸せリンク

track feed
世にも奇妙な物語まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。