世にも奇妙な物語のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬほど好き

カテゴリ:ブラック系
メインキャスト:角田英介/石田ひかり
脚本・原作:野島伸司

ストーリー

純平(角田英介)、章吾(古本新之輔)、太(佐久間哲)は高校二年生の三馬鹿トリオ。ミス北高クラスの女神・美香(石田ひかり)に憧がれている。
「でもよ、あれ、やっぱり、なんかの間違いだったんかね」
純平の下駄箱に美香からのチョコレートが入っていたことがあるのだ。
「どうして確かめなかったんだ」
「どうせ、間違いなんだから」
葬儀社の息子・章吾が「おまえなあ、一度死んでみない?」ともちかける。
「そうすりゃ、美香のホントの気持ちがわかるんだぜ」
親が旅行でいないのをいいことにいつかやってみたいと思っていたイタズラを実行したかったのだ。
「内輪の葬式ってことにして、呼ぶのは美香だけ」

当日、美香だけのつもりがクラス全員、先生達もやってきてしまった。どうやら美香が話したらしい。

純平の棺の前で、涙を流し語りかける美香。
「星野くん…純平さん…あたし、あなたのこと、好きだったのに……」
バレンタインのチョコも義理ではなく、入学したときから好きだったのだ。

純平は慌てて棺桶を出ようとするが、そこに両親が帰って来てしまい、いたずらにひっこみがつかなくなってしまった。省吾と太は罪悪感からお酒を飲んでしまい眠ってしまう。

美香の気持ちが確かめられて安心したせいか、純平も棺桶の中で眠ってしまっていた。
目を覚まし、手で棺桶の蓋を押し開けようとするが、開かない。
そこは霊柩車の中だった。火葬場に運ぶ途中の様だ。
助けを呼ぼうとした時、子供が道路に飛び出して来て霊柩車が急ブレーキをかけた。
はずみで頭を打ち付けた純平は、気を失った。

…しばらくした後、純平が読経の声でうっすらと目を開く。棺桶に開けておいた小さな穴から外を覗くと、今まさにこの棺桶が火葬炉に入れられようとしていた。
(あ、あ、あ、助けてえ!)
恐怖に声が出ない純平。
火葬炉の扉がゆっくりと閉じられ、やがて火が点された…。

そこへ駆け込んで来た章吾と太。
「今、火が入った所です」
肩を落とす二人に、純平の両親が軽く微笑みながら、親孝行の息子だったと話す。彼にかけておいた保険金で、会社を建て直す事が出来るらしい…。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


非公開コメント

最新記事
カテゴリ
おすすめ情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
相互リンク
幸せリンク

track feed
世にも奇妙な物語まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。