世にも奇妙な物語のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いかけた男

カテゴリ:サスペンス系
メインキャスト:片岡鶴太郎/松澤一之
脚本・原作:笠原邦暁

ストーリー

二宮(片岡鶴太郎)は嘘が大嫌いの正直者の警官で、近所や同僚に慕われている。
しかしある日彼は、屋根を修理していた男を、トンカチを持った強盗と勘違いし「下りてこい」と脅す。男は足を滑らせ転落死してしまう。

二宮は咄嗟に「怪しい男がやった」と嘘をつく。
同僚と一緒に居もしない男を追いかける警官。
同僚に「どんな男でした?」と聞かれるととっさに「白いコートの男だった」といってしまう。
「真夏なのに白いコート…?」
と同僚が疑い始めた瞬間、本当に白いコートの男が現れる。しかもその男は走って逃げ続ける。

二宮(コイツに罪をなすり付けてしまおう)
そう考えて追いつづける二宮と同僚達。
次第に男は工場跡に逃げ込み、同僚と別れて男を追う二宮。

その前に白いコートの男が現れ、二宮の子供の頃のおもちゃを出す。
「覚えているか、お前は子供の頃も誤って殺してしまった友達を、知らない人がやったと嘘をついたよな!」
と問う白いコートの男。
「お前、見ていたのか」
拳銃に手をかける二宮だったが、次の瞬間白いコートの男はフードを取る。
その男は二宮自身だった。
発砲する二宮だったが、当たったはずの銃弾は自分自身の体を貫いていた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

最新記事
カテゴリ
おすすめ情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
相互リンク
幸せリンク

track feed
世にも奇妙な物語まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。