世にも奇妙な物語のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だれかに似た人

カテゴリ:ホラー系 
メインキャスト:斎藤慶子
脚本・原作:阿刀田高「だれかに似た人」

ストーリー

とある喫茶店に入った女性(斉藤慶子)は、そこで海外に赴任している同僚にそっくりな男性を見かける。
会社に戻った女性は、その同僚が事故で死んだという連絡を受ける。その後も数回同じようなことがあった。

どうやらその喫茶店「サンプトム」で誰かに似た人を見かけると、その人が亡くなる前ぶれだということらしい。
それから数ヶ月後、再びその喫茶店を訪れた。

入り口付近の鏡をのぞいて、身だしなみをチェックして。
この喫茶店で自分のそっくりさんと出会えば自分も死んじゃうんだろうか、と考えて店を出ようとした時、入り口の所にあったはずの鏡がない!

そう、それは鏡ではなくドア越しに自分のそっくりさんを見ていたのだ。パニックになった彼女は店を飛び出した所でトラックにはねられ死んでしまう。

「はい、カーット!」

起き上がる彼女。
そう、これは「誰かに似た人」というドラマの撮影で、彼女は女優だったのだ。

撮影も終わり、撮影で使ったその喫茶店の洗面所の鏡を使ってお化粧を落とした彼女。
洗面所から出てきた彼女に、喫茶店のマスター役の男優が、「洗面所の鏡ならヒビがはいってるから、取り外してあったはずだよ」

確認してみると確かに鏡はなかった。
と、いうことは…?

パニックになって喫茶店の外に出た彼女。
ちょうどその時、トラックに鏡を積もうとしていた作業員が手を滑らせてしまい……

粉々に割れた鏡、
血を流す彼女。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

最新記事
カテゴリ
おすすめ情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
相互リンク
幸せリンク

track feed
世にも奇妙な物語まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。