世にも奇妙な物語のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楊貴妃の双六

カテゴリ:ブラック系
メインキャスト:野村宏伸/中村あずさ/今福将雄/筧利夫/勝俣州和
脚本・原作:土屋斗紀雄

ストーリー
和之(野村宏伸)は、付き合っていた彼女を金持ちの男に取られてふられてしまう。バーで友人とヤケ酒を飲みながら、「絶対金を貯めてやる…」と話していたところ、ナゾの老人から楊貴妃の双六と言う、上がった者だけに巨万の富を与える双六をもらう。
その双六は、上がった者に巨万の富を与える代わりに、文字の書いてあるマスに止まると、そのマスに書いてある不幸が訪れるといわれている。馬鹿にして信用しない友人をよそ目に、その双六をもらった主人公は、アパートで友人4人と双六を始める。

途中文字が書かれているコマに止まった者は次々と災難に見舞われていく。
「お腹から宝が出てくる」のマスに止まった男(勝俣州和)は、女子高生を妊娠させたとその娘の父親に連れて行かれる。
辞書で「笑門招福(笑う門には福来たる)」の文字の意味を調べていた後輩は、そのマスに止まると笑い過ぎで腸がねじれるのを恐れて双六を進める事を嫌がるが、先輩に無理やりサイコロを振らされ、そのマスに止まってしまう。彼は急に苦しみ出し、救急車で運ばれた。
「逮捕される」と言うマスに止まった男(筧利夫)は、警察が来て本当に逮捕されてしまう。

そして残ったのは二人。ゲームは終盤になり、ゴール手前の「ここに止まると死ぬ」というマスの手前にいた。二以上を出せばゴールできるが、一がでたら死んでしまう。
ライバルが先にサイコロを振ると一の目が出る。次の瞬間、自分のコマではなく和之のコマを動かす。
「何をするんだ!」
「おまえが死ね!」
和之に掴みかかるライバルは、揉み合いになり壁に頭を打ち付ける。

「やり直さなきゃ…」
和之は、自分のコマを戻し、死のマスにライバルのコマを移動させる。
ライバルは口から血を流し息を引き取る。
和之はサイコロを振りなおすと、二の目が出てめでたくゴール。

場面は一転し、主人公は取調室で友人殺しについて尋問をされている。
「双六のせいです…」と力なくつぶやく主人公に、警察が怒鳴りつける。その時他の刑事が取調室に大きなジェラルミンのケースを持って来た。
「お前の部屋の天井裏から出てきたんだぞ」と、ケースの中の大金を和之に見せる。
「この金の奪い合いで殺したんだろう!」と詰問する刑事に「双六をしてたんです…」とつぶやく和之…。


動画



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

最新記事
カテゴリ
おすすめ情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
相互リンク
幸せリンク

track feed
世にも奇妙な物語まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。