世にも奇妙な物語のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイホーム

カテゴリ:ホラー系
メインキャスト:早見優/織本順吉/中島久之
脚本・原作:日比野木實

ストーリー
新婚夫婦が中古の不動産物件を購入し、引っ越してくる。だが、引越し直後から、ガラスを割られる、ゴキブリの入った箱を贈られる、首吊りを模した人形が家に飾られる等の嫌がらせをされる。
妻(早見優)は刑事(織本順吉)に相談するが、周辺のパトロールをするとだけ言って帰ってしまう。

夫の出張中もしつこく続く住民達の嫌がらせは続く。飼っていた金魚の水槽に何者かがドライアイスを入れており、全滅してしまった。
妻が死んだ金魚を庭に埋めていると、ビニール袋に入れて埋められていたノートを見つけ、刑事に電話する。

それは借用書の記録だった。
新婚夫婦が引っ越してくる前、性格の悪い高利貸しの老婆が住んでいて、そのノートをどこかに隠したまま首吊り自殺をしたのだ。
老婆が死んだのも、一連の嫌がらせも、その老婆から金を借りていたであろう住民達による仕業。老婆を殺害した後、借用記録を他人に発見させないために、新婚夫婦を追い出そうとしていた。

だが証拠を見つけてしまった妻を殺そうと、住民達が凄い形相で詰め寄る。
そこに昼間の刑事が現れる。ホッとしかけた妻だが、借用書には刑事の名前も書かれていた。刑事はこの嫌がらせの主犯だったのである。そして彼女は彼らに……。

数時間後。慌てて帰宅した夫の前に、救急車で運ばれていく事切れた妻の遺体。それを見てパニックになった夫は、一体どうしてと刑事に尋ねる。
「奥さんは自殺したんですよ」と刑事。
「妻はおびえていた、きっと誰かに殺されたんだ!」と叫ぶ夫――。

その様子を傍観している住民達、そしてタモリ。
「これだって、もう少し気をつけていればこんな結果にはならなかったと思います。ところで、皆さんも私同様真実を知ってしまったのですから、このお話は他人に話さないほうが良いです。命あっての物だねといいますか…」

いつの間にかタモリの周囲を住民達が取り囲んでいる。

エンドロール。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

最新記事
カテゴリ
おすすめ情報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
相互リンク
幸せリンク

track feed
世にも奇妙な物語まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。